人気ブログランキング |
<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
熱望してました(人 ̄  ̄).☆.。.:*・°


2010年12月17日に放送された金曜ロードショーの映画版『オペラ座の怪人」劇団四季吹き替え版が、
とうとうブルーレイに(゜-Å) → Amazonで予約受付中!
そうだよ~2010年暮れは、この放送をずっと待ってたんだわ。
高井さんの声が残される(四季のCDに高井さんの声はないから)とか、大好きな沼尾さんだ~♡とか、
佐野さんがラウル! 初めて~! とか、ものすごく楽しみでした。
放送当日は、録画しながらもわぁ~わぁ~♪とはしゃいで観ました。

それが、今になってブルーレイに。
25周年の盛り上がりに便乗したのか、2004年の映画がこうやって四季版になってリリースとは。
先月の佐野ラウルのキャスティングは、これの前触れだったのかしら?
(その割には四季の公式ページでこのお知らせはなし…)

うちのDVDデッキは、もう録画できなくて(デジタル対応じゃない)、でもこの金曜ロードショーを録画していた関係で捨てられずにいたのです。
だって、もう沼尾さんのクリスティーヌは観られないのだから(退団したから…涙)。
でも、このブルーレイが手元に届いたらサヨナラできます。

あ、ブルーレイのデッキ買わなくちゃ。 今はPCでしか観られないし(^_^;)
by yama-hiji | 2012-03-24 18:42 | 映画・DVD
3月14日 CATS ソワレ
前回観てから2か月ぶり。
あれ? あの日にこれから毎月観るぞと言っていたのに・・・。
いやいやいや・・・そのつもりでした。
2月29日に回転席真ん中のチケット取ってました。
だけど・・・。
あの日はなぜかソワレと思いこんでいて、2時過ぎに夜勤から帰ってきて6時まで寝て、猫2匹を久しぶりにシャンプーして、自分もびしょ濡れになり
シャワーを浴びて、雪だからあったかくして昼寝しようとしてタイマーセット。
そうそう、チケットのQRコードをダウンロードしておこうっと♪ なんてケータイ見たら、
開演まで あと10分 だ  と  ?
ぎゃーーーーーー! マチネだったーーーーーー!
その時点でまだシャワー後の私。
あきらめました _| ̄|〇
夕方まで不貞寝しました・・・。
c0058445_1549174.jpg
そんなわけで、3月CATSは久しぶりな感じで。
3月になり、松島ミストが抜け、永野ミストだー久しぶりだーと思っていたら、この週から岩崎ミストに。
そして永野さんはランパスキャットに。 へぇ~~初めて観る~♪
永野さん、五反田キャッツの頃はランパスキャットだったらしいので、すごく久しぶりの
キャスティングらしい。
手足が長くて動きがきれいな永野さんなので、ソロの歌はないランパスだけど、
目立ってカッコ良かった~。
そしてこの週から、芝タガー! 久しぶり!!
昨年夏には芝タガーのキャスティングで慌ててチケット取っていきましたが、
今回は前もって取っていたものだったので、これまたラッキー☆

c0058445_1653096.jpg
相変わらず常に腰振ってる18禁タガー(*/∇\*)
ミストナンバーでの歌のアレンジはこれまたない感じで。
やりたい放題の芝タガー。
なにしでかしているか見逃せなくて、今回も回転席4列目真ん中なのに、
いかん!芝タガーがいると、他の猫に目がいかなくなる(^_^;)

今年になってから、職場に夫婦でCATSにはまった人がいるのだけれど、
先日行って早水グリザベラに感涙だったそう。
そうだよなぁ~早水さんの声は人生の重みを感じる響く声(人 ̄  ̄).☆.。.:*・°
by yama-hiji | 2012-03-23 16:12 | 観劇
フックドラグWorkshop
木曜日に穴守稲荷の駅に初めて降り立ってみました。
maaliskuu という作品展へ♪

c0058445_744913.jpg


おじゃましてみますと、まぁ! (人 ̄  ̄).☆.。.:*・°素敵な空間。

北欧好きの3人の作品展ということですが、どれも好き。

お部屋自体もおもしろい。

天上の梁とか、壁の素材とか。

リフォームするなら、こんな感じにしたい。

(個人的には、トイレの電気のスイッチを入れたら音楽が流れ出したことに度肝を抜かれました)



c0058445_75527.jpg

今回のワークショップは1月にもワークショップに参加した
イワタマユミさんのもの。
今回はフックド・ラグということで、ずっとこれがやりたかった私は、
運良く当日休みだったので、参加希望となったわけです。
これが楽しい!
もともと編み物とか、計算づくしのものは苦手なのですが、
これは塗り絵感覚で好きな色を引き抜いていくので、
帳尻合わせができて私好み。
いや、ちゃんと作家さんは頭の中で計算して作るのでしょうけど・・・(^_^;)




c0058445_12162028.jpg

こんな感じでたくさん持ってきてもらった毛糸を前に、麻布に作りたいものを下書きして好きな色の毛糸をフックしていきます。
私はうちの猫(ひじきさん)をイメージしたものを作ろうと
前日に決めてました♪
ちとコドモっぽいかな? と思いましたが、なんせ初めての作業なので、
わかりやすくそんな冒険はしないでおこうと・・・
これは前回の巻き巻きリングのワークショップで痛感したこと。
調子に乗ると、後悔する・・・と。

c0058445_1216473.jpg

で、出来上がったのがコレ!
黒猫ですが、濃紺の糸で顔を作り、バックはシックなブルーにしました。
両方ともにオレンジの糸が混じっていたものなので、
組み合わせると全体のバランスがいいのかな?とも思いまして。
マユミさんのアドバイスをもとに、バックには他2種類の糸もアクセントに入っています。
わかるかしら?
この後に、仕上げに赤紫っぽい糸でヒゲも付けました。

c0058445_753590.jpg
今回の作品展の3人のアーチストさんもいらっしゃいまして、
私は3人の話にチクチクと手を動かしながらも耳を傾けていたのですが、
おもしろくてたまらない(*≧m≦)
毛糸をかぎ針で引き抜くという、私にとっては必死の作業中なので、
相槌を打つという余裕はありませんが、同じテーブルでお茶しつつも
楽しい時間を過ごさせてもらいました。
それにしても、いつも思うのは、クリエイティブな方たちは対人スキルが高いなぁと。
創作活動と共に、人間関係も広がっているパワーを感じます。

(←この猫はイワタマユミさんの作品♪)


c0058445_12274457.jpg
ワークショップ前にマユミさんオススメの野菜を食べるカフェ油揚げさんで、
一緒にランチ。
これまたオススメの坦々麺をいただきました。
濃厚で、味もしっかりしてておいしい!
マクロビとは思えない! 
(いや、今までおいしいマクロビに出会ったことがなかったので…)

事後報告
イワタマユミさま、写真撮らなかったので、勝手にいただきました<(_ _)>

フックド・ラグ、楽しかったので、帰りに駅前で刺繍枠と麻布と接着芯を購入。
あとは毛糸をそろえないと・・・♪
by yama-hiji | 2012-03-18 12:33 | etc.
The Phantom of the Opera
あまりに佐野ラウルが私の感情を揺さぶって離さなかったので(あの日)、そこから週に一度汐留に通いました。
c0058445_14364522.jpg
2月23日マチネ
3月2日ソワレ
3月7日マチネ
気づけばこの1か月通ったことになりました。


c0058445_1437136.jpg
この1か月、たまたま月曜が深夜勤明けで、帰宅するのが10時頃。
ちょうどその時間にその週のキャスト発表がなされるので、帰宅後すぐチェックして、佐野さんがまだいてくれる!とチケット予約。
予定のない平日休みがあったこともタイミングが良く、毎週通うことができました。

ラウルを3週、最後の3月第2週はファントムでした。
大阪で佐野ファントムを観た時以来なので、実に久しぶりなのと、中一日でラウルからファントムに移るということで、チケットを取ってから2日間、
ワクワクが止まりませんでした。

前回の投稿は観劇間もない頃だったので、はしゃいだ感じで書いてますが、あれからもじわじわ感動が続いてました。
これまで、屋上やマスカレードの場面、なぜラウルはクリスティーヌの手を離すのだろう? そして最後やっと逃げてボートに乗った後など、なぜ一人でファントムのもとに戻らせるのだろう?と思っていたのですが、佐野ラウルを観たことで理解できました。
歌の歌詞通りの意味ある演技をする佐野ラウルを計3回観ることができて、すっかりこのストーリーの奥深さに改めて気付いた次第です。

そしてファントム。
過去に佐野ファントムを2回観たはずなんだけど、なぜかどの場面も新鮮で。
地下の怪人の住処でPhantom of the Operaを歌いながらクリスティーヌを操る指先の動きから、もうゾクゾク。
仮面をはがされた時の地響きするような静かな怒りとか、これまでラウルの行動をひも解くうちに、ファントムの行動の意味も裏付けされて、佐野ファントムが動くたびにゾクゾクしました。
屋上の2人を見送った後に天使像で降りてきた時の、愛を与えた、 音楽を与えたクリスティーヌからの裏切りを切なく歌う場面は胸が痛かったし、
「これほどの辱めを決して許しはしないさ」と歌いきった後からの冷酷なファントムへの変貌ぶりにはまいりました。
2幕になり、音楽の天使から怪人になってしまったファントムの感情がビシビシと伝わってきて、拳を握って観ている自分にふと気づいたり。
最後の隠れ家での3人の場面。狂気のファントムがクリスティーヌのキスによって我に返り、ファントムとしての自分を見つめ(ここ何と表現したらいいかわからない…)、ろうそくでロープを切って2人を放す・・・。
もう涙腺崩壊。
指輪を返しに来たクリスティーヌに告げるI Love Youの切なくて美しいことったら。
これまで、ファントムは仮面だけを残して姿を消すのは何故だろうと思ってました。
でもこの日、わかりました。
佐野ファントム、すごいや( TДT)

昨日も、また深夜勤を終え、キャストチェックをしたら佐野ファントムは消えていました。
もっと観たかった、残念、という気持ちもあるけれど、この1か月間どっぷりとこの世界に浸ることができて、幸せでした。
これまでの観劇生活の中で、年に1度涙腺崩壊する時があるのですが、この1か月はそれが毎回でした。
またお目にかかりたいです。佐野ファントム!
by yama-hiji | 2012-03-13 14:57 | 観劇
3月3日 壁抜け男 千秋楽
c0058445_2353595.jpg
初めて観た壁抜け男がとってもいい話で、家で歌も時々口ずさんでしまうくらい。
3月の勤務のシフトが出て、行ける日はないのかしらとチェックしていたら、千秋楽の日に行けそう♪ とわかり、迷わず予約。
「人生は素敵、人生は最高!」がこの作品のテーマ。
ほんわか幸せになれるこの作品とキャストが素晴らしかった! 再演希望です!

c0058445_23563150.jpg
四季のグッズ販売には、それぞれの作品のベアがありまして、この壁抜け男ベアがかわいい♡
この画像では上半身しか出てないけど、手足が壁にめり込んでいるディスプレイもあって、すごくカワイイ。
デュティユルのこの衣装もいい。
他の演目のものだと、私はキュンとこなかったけど、これは一目見た時にわ~~♡ と思ってしまいました。
でも、ここで買ってしまったら、全公演のベアを買ってしまうかもしれない。危険!(それにうちにはぬいぐるみ系をかじってボロボロにする猛獣がいる)
と思い、手を出しませんでしたよ(゜-Å)
by yama-hiji | 2012-03-09 00:05 | 観劇
鼻の下が痛い
c0058445_994660.jpg

日曜からくしゃみが止まらなくなり、市販薬を飲んでいたのですが、昨日耳鼻科に行って薬を出して
もらいました。
昨年花粉症デビューした私。
もしかしたら今年は症状が出ないかも(昨年は花粉がやたら多かったので、一時的な反応かもと言われた)と思っていたのですが、しっかり先取りな感じで出ました。
これから毎年春を迎えるたびにと思うと、大嫌いな冬を終える喜びが半減したようで残念です(-_-;)
さっきテレビを見ていたら、日本人の花粉症発症率は28.9%とか。
え? そんなものですか?
私の職場は80%くらいかも。
みんなボックスティッシュ持参で仕事してます。
それがまた、見事にボックスのデザインがかぶらないという現象が。
ティッシュの箱で個性を発揮できるなんて、嬉しいやら悲しいやら。
by yama-hiji | 2012-03-07 09:16 | 独り言