人気ブログランキング |
<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
いろいろ考え中です
あー今日で7月も終わりです。
7月って何したんだっけ?というくらい、バタバタと過ぎてしまった気がします。
通常の仕事自体はそんなに忙しくないのだけれど、仕事に関連したもの(勉強会とか研修とか)をなんやかんやとしなくてはいけなくて、
家に帰ると疲れてぐったりという感じで。
いや、体は疲れていないのかもしれないんだけど、頭が疲れていると何にもしたくなくなるので、ここの更新もなかなか(^_^;)

そんなストレス解消にとゴスペルを始めて5年半(?)。
最近それがストレス解消になっていない。
いつからなのかな? 歌っていて楽しくない。 
スタジオに行くと、あ”~~(-"-)とか、どうしてこうなるの?とか思ってしまうこともしばしば。
1人でやるものじゃないし、集団でやるものだからいろんな人がいてそれはそれでいいのだけれど。
なぜ仕事終わりに駆けつけて、嫌な思いをして帰って寝なくてはいけないんだろうとか、ふと思ったり。

そんなモヤモヤが残っていたので、8月のイベントの出演は辞退しました。
ま、申し込んだ時点で2回の合同練習に出られない人は参加資格がないみたいなことも言われていたし、じゃぁ自分はその資格がないね
とは思っていたし。
そのイベントに出ないとなると、モチベーションも上がらないので、最近の練習にも行っていない。
練習グッズを入れたバッグを持って駅まで行ったのに、改札前で引き返してしまったりとか、すっかり登校拒否とか出社拒否みたいな状態に。
とりあえず、このお祭り騒ぎが収まるまでその場に行かない方がいいのかなとも思ったり。

ボイトレに行くと、先生からうちのゴスペルチームの情報を聞かされて「あ、そうなの?」って初めて知ることもたくさん。
同じ先生に習っているメンバーから聞いているようなんだけど、うちのゴスペルは課外活動が多い。
mixiのコミュもあるけれど、もうそこは開店休業状態で、それぞれいろんな部活ができたりしていろんな活動している。
そのイベントの多いこと多いこと。
それで ‘あ、うちのクワイヤはゴスペルを看板に集まって遊び仲間を作ろうというサークルなのか’ って思った。
ゴスペルを歌いたいという純粋な気持ちで行くと物足りなくなってしまうんだろうなと。
もちろん、そこで知り合えた人たちと他の楽しみを共有するのはいいこと。
でも、そればっかりになると意味がわからない。
前リーダーが自主練習(という名の集まり)よりもスタジオ参加者が少なかった日の練習日に「みなさん自主練習もいいですけど、
これで疲れてスタジオを休むとかはなしですよ。こっちが本来の練習ですからね」と言ったことがある。
その通りだ。

そう思って所属していること自体が違うのかな?
そうであれば何か考えなくてはいけないのかなとずっと思っています。
by yama-hiji | 2011-07-31 07:55 | MUSIC
ちょっと遅れつつ・・・
・・・しみじみ反応。
c0058445_11384029.jpg

カッコいいな。
by yama-hiji | 2011-07-20 11:39 | 独り言
観劇2つ 
アンデルセン 7月6日マチネ
2年前に観てすごく感動したアンデルセンが7月3日から再演ということで、勤務のシフトができてすぐにチケット予約しました。
前回は佐野さんのハンスで、歌はもちろんのこと、ファントムがハンス?という意外性の中で観たのですが、私の中では『切ない』という感情が
7割くらい占めていたお話だったのです。
今回は元祖味方さんということで、前回とは違うアンデルセンになるだろうと期待して観ました。
そして、本当に違いました。
もちろんストーリーは同じなのですが、演じる人によってこうも印象が変わるのかなぁと。
味方ハンスはこども好きのおじさん(失礼!)で、いかにも童話作家なのです。
そして見どころバレエは、やはり美しくって(人 ̄  ̄).☆.。.:*・°
松島さんと斉藤さんというコンビ。さすがです!
開幕して4日目というのに1階席は半分くらいしか埋まってなくて、ちょっと悲しかった(゜-Å)
すごくいいお話なのにな。
前回はお子様がたくさんいたけれど、この日は平均年齢が私プラスアルファな客席でした。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン味方隆司
マダム・ドーロ斉藤美絵子
ニールス松島勇気
ペーター高橋 徹



ジーザス・クライスト=スーパースター 7月13日ソワレ
やっと観ました。JCS。
四季の定番のこの作品、キリストの最後の7日間という話は知っていたけれど、なかなか足が向かわなかったのです。
今年は芝さんがジーザスというキャスティングとなり興味津津でいたのですが、そう長くはない公演期間のためチケットがなかなかとれず、休みも合わずに見逃していました。
今回アンコール公演ということで、やっと行ってきました。
元々長い間ユダ役だった芝さんだったし、テレビやようつべやソンダンでその姿は見ていたのだけれど、ジーザスとなるとこれまた別で。
ゲッセマネのロングトーンとか、これぞ芝さん!という見せ場でしたが、ユダという癖のある役で観ておきたかったなという感想も。
それにしても、この演目はさすがに歌の上手い人ばかりキャスティングされているので、傾斜のある荒野の中で繰り広げられる芝居に圧倒されます。
村さんはファントムでもグロールタイガーでも見たことがなくて、その歌声を聴いたことがなかったのですが、すごかった!
北澤さんはフィエロより、こっちがいいw ちょっとツボでした。
金森さんは、ライオン・キングの動画でおでん屋でからんでいるスカーおじさんwからこういう役まで、存在感ありまくりです。

ジーザス・クライスト : 芝 清道
イスカリオテのユダ : 金森 勝
マグダラのマリア : 高木美果
カヤパ(大司教) : 金本和起
アンナス(カヤパの義父) : 阿川建一郎
司祭1 : 平山信二
司祭2 : 正木棟馬
司祭3 : 真田 司
シモン(使徒) : 本城裕二
ペテロ(使徒) : 飯田達郎
ピラト(ローマの総督) : 村 俊英
ヘロデ王 : 北澤裕輔


by yama-hiji | 2011-07-16 19:31 | 観劇
平日マチネということで、おひとりさま多数のイベントだったなぁ
またかとお思いでしょうがキャッツシアターに足を運んできました(^_^;)
今回はジェリクルアナリーゼというイベント企画で、どうしても行ってみたかったのです。運よく休みだったし♪

ミュージカルの内容にもよりますが、この場面は何を意味しているのだろう?この照明や衣装が意味するものは?と分析しながら観るのが私は大好きなのです。
だから確認がてら何度も観たりするのであって…。
例えばわかりやすいところでは、美女と野獣の1幕と2幕のそれぞれのキャラクターが微妙に変化していることで時間の経過を表していて、急がなくてはいけないというのを表現しているとか。
Wickedに至っては、作品のテーマにもなっているように、様々な角度から見てみたら、誰が悪い人で誰がいい人なのか、何が真実なのか何が正しいことなのかなど、観るたびに分析するのが面白くて、大好きな演目です。

キャッツは五反田時代に初めて観た時は、正直「よくわからない」という感想でした。だから特別魅力も感じなかったし、リピートもしませんでした。ただ、横浜に来たということで「ちょっくら観てくるか」のノリで観たのですが…今ではハマってしまって(^_^;)
どの猫はどんな生き方しているのかとか、分析し始めたらもう止まりません。
なんたって24(26)匹もいるのだから、キリがないです。
それでもって、演者によっても表現方法が違っていたりするので「そうか~」と新たな解釈が生まれたり。

そんなわけで、今回は第2回ジェリクルアナリーゼに参加したのですが、グロールタイガーの場面についての説明。司会は丹下さんで、飯田タイガーと金平グリドルボーンが解説です。
クリュー5匹の衣装は、実はそこらへんにあるものを拾って作っているとか(いかにもCATSな発想)、普段見ていてもわからない部分でした。
→首からかけているスカーフは実は靴下・ボタンは瓶の王冠・レッグウォーマーっぽいもの(正式名称不明)は英字新聞・タスキみたいにかけているのは腕時計のバンド…等
クリュー(武藤さん・李さん・斎藤さん・劉さん・永野さん)の5人も大サービスで(*≧m≦)
→余談:紹介される前に横を向いたら李さんがいてビックリした。ノーメイクだったので思わず「あ、フィエロだ!」と思ってしまった。
 永野さんが待っている間、ちんまりと体育座りしていたのがかわいかった♪

サイアミーズの剣は実はバターナイフとか(これは気付いてた!)、小道具の説明もアリ。
他にもキャラクターの名前の説明とか、照明の色の話とか。

ということで、、アナリーゼと言いつつ、音楽自体の分析はしなかったのですが(^_^;)、楽しいイベントでした。
小道具とか照明の説明は、結構バックステージツアーでもされているのだけれど、キャッツは登場猫が多い分、役者さんもたくさん出てくれるし、いつも面白おかしく盛り上げてくれるので、参加していて楽しいからオススメ!

2011年6月29日(火)マチネ
グリザベラ : 早水小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン : 金平真弥
ジェニエニドッツ : 鈴木釉佳之
ランペルティーザ : 大口朋子
ディミータ : 団 こと葉
ボンバルリーナ : 高倉恵美
シラバブ : 谷口あかり
タントミール : 原田真由子
ジェミマ : 小笠真紀
ヴィクトリア : 廣本則子
カッサンドラ : 井藤湊香
オールドデュトロノミー : 種井静夫
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ : 飯田洋輔
マンカストラップ : 武藤 寛
ラム・タム・タガー : 李 涛
ミストフェリーズ : 永野亮比己
マンゴジェリー : 斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス : 劉 昌明
コリコパット : 新庄真一
ランパスキャット : 高城将一
カーバケッティ : 丹下博喜
ギルバート : 龍澤虎太郎
マキャヴィティ : 桧山 憲
タンブルブルータス : 川野 翔

本編では、久しぶりに早水さんのメモリーが聴けて感動(゜-Å) いいなぁあの声。
そして今回は、原田タントミールの美しさに釘付け(<●><●>)なんてスリムでなめらかなシャム猫なんでしょう!
でもって、ジェリロ握手席だったので、金平さんの顔が30cmの距離で(@_@ やはり猫顔♡カワイイ
by yama-hiji | 2011-07-05 11:03 | 観劇
とうとう始まっちゃったなぁ(+_+)
c0058445_17255278.jpg
仕事関係で研修が始まった。これから2年間、自分の休みの日を使っての研修。
休みを使っての自主研修はよくあることなのだけれど、それは自分が行きたくて申し込むものだから
そんなに苦じゃない。
だけどこれは`強制’ の研修。
でもって、1年間はほとんどがうちの職員が講師となるから、普段の勉強会とそうは変わらない。
来年になれば外部の講師が来るけれど、実習に行ったりレポートに明け暮れたりする。
はーーーーーーーーーーーーーーーーーー(=_=)

昨日は猛暑だというのに教室の中はすごく冷房が効いていて、私の上に送風口があったので席を移動して、冷房自体も弱くしてもらったはずなんだけど、4時間そこにいたら顔色悪くなるくらいだった。
バイクで帰宅中もまったく体があったまらなくて、家とは真逆のコメダにGO!
あったかいコーヒーが飲みたかったのと、せっかくの休みを職場で講義に使われてしまう
すっきりしない気持ちのリセットのために(-.-)
このお店のご近所に住んでいる同僚のお勧めの瀬谷店限定ピザを夕食代わりに♪
おかげさまであったまりまして、満腹で、家に帰ったらお風呂に入って爆睡してしまいました。
これからコメダ、活躍しそうです。
by yama-hiji | 2011-07-02 17:38 | 独り言
夏を乗り切るには食べ物から
7月になりました。
とはいえ、連日30度を越していてとっくに真夏のような気がしてました。
6月後半から暑くて、うちの職場は本当は7月から冷房が使える期間なのですが、
さすがに30度で仕事をするのは辛くて、節電節電と呟きつつも、冷房がつくようになりました。
通勤は保冷剤を首に巻いてヘルメットかぶって走ってます。
c0058445_8524036.jpg
肉食の友人が焼肉食べよう!ということで女2人で焼肉屋へ。
肉三昧コースという素敵な響きのコースを頼み、ガッツリいただきました。
この写真は一番最初の牛タン。
ビールとマッコリを立て続けに飲んだらすっかり酔ってしまい(私の場合は眠くなって
動悸が激しくなる)、これ以上の写真は撮っていなかったので、肉まみれのテーブルが
見せられなくて残念です(^_^;)
残念なのは、このご時世で生肉を出す店がなくなってしまったこと。
2人ともユッケが好きなのだけれど(このコースにも入ってた)、チャプチェに変更されてしまってました。
残念!

c0058445_8583240.jpg
グルメ部の課外活動として、そごうのビアガーデンへ♪
そごうでは数年振りの企画らしく、ヨコハマウォーカーで見つけて一斉メールしたらみんな行く!という素晴らしい決断力で企画されました。
月別でアジアン料理が出される(6月はタイ料理7月はベトナム料理。もちろんそれ以外もスイーツもたくさん)ということで、パクチーを克服したかと思えたはずのグルメ部ですが、ベトナムよりパンチの効いているタイ料理を食べた面々…。
結局パクチー平気なのは私だけと判明σ( ̄∇ ̄;)
アルコールも料理もたくさんあって、みんなおいしいので、480席あっても開店直後には満席状態。
そして、ほぼ最後までいるので、仕事終えてからのんびり来た人達は入れずに帰る人ばかり。
私たちは休みだったメンバー3人で受け付けたので、席を確保してなんとか座れたくらいでした。
そごうなので、みなとみらいの夜景なんかも堪能できるのですが、ちっとも観ることもなく閉店と共に帰ることに。
出口でそごうの天上のシンボルのでかさにビックリ! お~!

c0058445_9103674.jpg

これまた別の日にそごうで食べたパスタ。
本当はケーキセット食べようと思って入ったのだけれど、メニュー見てこれに釘付けになって注文。
たしか、海の幸と塩麹のトマトソースとかいってたっけ。
塩麹、最近これを作りたくってしょうがなくて、そのお勉強にと食べてみました。
ウマイ・・・(人 ̄  ̄).☆.。.:*・°
いろんな料理ブログでもちょこちょこ見かけるようになっていたのだけれども、やはり自分でも作ろう♪と決心。
麹ってベったら漬けにも使われているけれど、うちの田舎でも三五八漬けという漬けものの素があって、知ってはいたけれど、肉や魚をはじめ、いろんな食材を漬けこんで調理すると、すごくおいしいらしい。
買おう!麹!
このパスタ、生パスタでモチモチしてておいしかったのだけれど、すごーーーく熱くて上アゴの皮がめくれた。
揚げ物かいっ!と静かに突っ込んでしまいました。

c0058445_9202572.jpg
アフタヌーンティカフェでケーキセット。
ごはん食べるほどでもない時間だけど、次の用事までにはなんかおなかに入れておこうというだけの感覚で入ったのだけれど…(・_・;)
トライフルロールとスコーンとアップルパイというセット。んまぁ!なんてゴージャス☆
トライフルは前も食べたことがあるので(ここのケーキはパティスリーキハチ)味は知っていたけれど、甘さ控えめでいい感じ。
スコーンも久しぶりに食べたのだけれど、あれ?こんなに固かったっけ?と。
アップルパイ。 ワタシはこいつが苦手。シナモンが嫌いだから(-_-;)
じゃぁ頼むなと言われても、ロールケーキとスコーンとのセットだから仕方ない。
だが、このアップルケーキ、ビックリするほどびしょびしょだった。
リンゴから出たシロップでパイ生地がぐちゃぐちゃ。
マスカットティが本当にいい香りで美味しかった。 そして、ビックリするくらい満腹!!


というわけで、ちょっと(結構)食べすぎた6月だったので、7月はバランスよく適度に食べていこうと誓わなくてはいけません。
健康診断もあるし・・・_| ̄|〇
by yama-hiji | 2011-07-01 09:31 | 食べ物♪