人気ブログランキング |
<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
大好きな5月よ~
私の一番好きな季節5月が今日で終わり。
なんだか今年の5月は短くない?
いや、同じ31日間あるとわかっていても、短かった~(>_<)
仕事関係が忙しかったせいなのか、そんなに遠出することもなかったからなのか、なにがなんだかよくわからないが5月は今日をもっておしまいで、気づけば梅雨入りしていた。
大嫌いな季節に突入だ。
5月を振り返ってみると・・・・・
c0058445_143271.jpg


除湿機を購入した。
なにより湿気が大嫌いな私にとって、夏場のエアコンドライは必需品だった。
室温28度でも湿度が35%とかだと、スキップしたくなるくらい快適。
でも今年の夏は節電に今まで以上に取り組まないといけないなぁと思い、
いろいろ考えて除湿機にすることにした。
梅雨の雨続きの際には浴室乾燥もしていたが、ガス代がハンパないし、
排水溝からこみ上げる臭気とかも嫌いだったので、衣類乾燥機付きの除湿機にしてみた。
ここ数日使ってみたら、けっこういい感じ♪
この夏、がんばってもらおう。
c0058445_14372645.jpg

うちのゴスペルの母体の渋谷のグループがテレビに出た。
まぁ、グループというより、代表のナナさんの紹介という形で、ほんの4分くらいの番組でした。番組サイトは→ こちら
番組収録にあたり、うちのグループからも数人参加者募集していたけど、
誰か行ったのかな?  リーダーの姿はしっかり確認できたけど。
渋谷メンバーもたくさんいるし、そこの紹介だから募集しなくてもいいんじゃないかなとは思ったけど…。
改めてナナさんの行動力ってすごいなと実感。

c0058445_14461778.jpg

iPhone&iPodのスピーカーを買った。
iTunesに入っている曲は両方に入っているので、いちいちCDに焼かなくても聴けるしなと思って。
特にキッチンで作業中にレンジの上に置いておくといいかなと思ってこういうタイプのコンパクトなものを選んだのだけれど・・・音質悪い(-"-)
毛布かぶせて聴いている感じよ~。
ちょっと悲しいわよ~。
iPhoneで聴くとバッテリーの減りが激しいので、もっぱらiPodで聴いてます。
持っているiPodがブルーなので、(←これはシリコンカバーをかぶせているので若干色が薄く見えるかも)スピーカーも同じ色にしたけど、なんだか一層チープな感じを醸し出しています。

c0058445_1453589.jpg

これから2か月くらいは梅雨のジメジメかしら?
うちのケモノもなんだか飼い主に似て、雨の日はだらりんとしている。
今日のような青空が少しでも多くありますように。
by yama-hiji | 2011-05-31 14:56 | etc.
ボイトレ覚え書き(2010)
今年になって4か月も経ってしまったのに、昨年分の覚書を書いていないことに気付いた。
別に誰かに報告というわけでもないけれど、ここに書いておくと(サーバー上に)残るので、ここのところ記憶力がどんどん落ちている私の脳にとどめておくよりいいかもしれないから…書いておこう(書くのに1週間かかりましたが)。

書くにあたり、2009年分を見てみたら、なんだか感慨深い。
あーそういう曲もやったんだねぇと、自分のことなのにへぇ~~!と思う。
今じゃ絶対選ばない曲も歌ってるし。
ということで、来年の自分がビックリするように、やっぱり書いておこう。

Can You Feel The Love Tonight   by Elton John
ディズニーアニメ「LION KING」のテーマソング。ミュージカルではこのソロバージョンは存在しないため、エルトン・ジョンのキーしか存在しない。
オリジナルのままCD持って行ったらさすがに低いと言われたので、#4と#6に変換してCD作った。
結局#6にして練習したのだけれど、スピードを変えずにキーだけ変えるというCDを作るのに丸一日かかって作った記憶しか残っていない(-_-;)
もう男性の曲はやめようと強く誓った曲。

A Moment Like This   by Kelly Clarkson
本当は Leona Lewisの歌うこの曲が気に行って選んのだのだけれど、彼女は最後の方がフェイク入れまくりだったので断念。
オリジナルのKelly Clarksonバージョンで歌うが、若くて気の強そうな(個人的にそう思うのです)彼女の歌い方が後半バリバリに出てくるので、
おばちゃん疲れちゃうわよ~でスタミナ不足で終わった曲。

DESPERADO by noon
iTunesでおすすめで出ていたnoonというジャズシンガーの歌声になんだか癒されて数曲購入。
その中にイーグルスのこの曲をカバーしてあって気にいって採用。
声を張りあげることなく歌うので自分的に合っている気がしたけど、ジャズの歌い方は新鮮で難しくて、且つ楽しくて。
いいなぁ~ジャズ!と思えたのは、そういう年齢になったからなのかなと思ったりして。

It Wouldn't Have Made Any Difference   by noon
noon連続で。Todd Rundgrenのこの曲もカバーしていて、聴いていてとっても心地良かったので採用。
浮遊感のあるnoonの歌い方がなかなか難しくって(^_^;)
ボイトレの練習はマンツーマンなので、緊張の1時間。真横に先生がいる状態ではカチコチ汗だくなので、ゆる~い感じの歌はなかなか歌えない~。

I Will Follow Him   天使にラブソングをサントラ盤より
すっかりジャズにはまっていたのだけれど、そもそも声量アップのためのボイトレなので、初心に帰ろうということで、モロな感じのこれを。
後半のソロのフェイクのところにテンションを持って行くのはなかなか難しい。
やはり‘はじける’というのは私には無理なのかしら~と軽く(いや結構)ショックを受ける(-_-;)

Defying Gravity by Idina Menzel
大好きなWickedの1幕最後のエルファバの見せ場の曲。圧倒的なパワーで歌いあげるこの曲で、ブロードウエイのオリジナルキャストのIdina Menzelさえも喉を壊してしまったという曲だけれど、彼女がシンガーとして出したアルバムの中でゆったりとしたアレンジになっていて、これならチャレンジできるかも~♪なんて思って。
いやいや、それでもやっぱりDefying GravityはDefying Gravityなわけで、パーン!と張った声を出すのは大変。
でも、好きな曲をやっている時はやはり辛くても楽しいという心境。

Redeemer  by Nicole C. Mullen
この年最後の〆はゴスペルにしようと秋口から曲探しをしていたのだけれど、コーラスではない女性のソロ曲というのは少ない。
でもって、あるのはシャウト熱唱系もしくはフェイク入れまくりのもので、素直に歌う曲は少ない。
家にあるゴスペルCDを手当たり次第聴いたけれど、ない_| ̄|〇
そんな時にふと思い出したのが、夏に体験に行った渋谷のシャニータクラスの体験で取り組んだこの曲
まさに探していた曲じゃないの!とCD作って歌詞カード作って♪
だけど、この頃から咳が止まらなくなって薬飲んでごまかしてボイトレに行った。
だけど、無理をしてごまかして歌ったせいで喉を壊してしまい、今年にかけて2か月半ボイトレを休む羽目に。
ボイトレ4年目にして本格的にくじけてしまい、今年の2月までお休みをもらった。
そんなこんなで、この曲はもう取り組む気持ちになれなくて2回レッスンしただけで中止としてもらった。

というわけで、昨年は尻つぼみで終わってしまい、今年の2月の後半から復帰している。
毎年毎年、1年を振り返ってみては満足していない現状にがっかりしてしまうので、今年はちょっと気持ちを入れ替えて曲選びの段階から
考え方を変えることにした。
さ、今年は楽しく振り返られるように取り組もう!
by yama-hiji | 2011-05-22 23:52 | MUSIC
ブラック・スワン
昨日は久しぶりに映画を観てきました。
そして久しぶりのおひとりさま映画。

『ブラック・スワン』

これ、予告編を見た時から観たい!と思っていたので、公開のこの時期まで結構待たされた気がします。
お正月から春休みにかけて公開の映画が自分好みのものではないものばかりだったので、まだか~まだか~と待ち続け、初めて前売り券というものまで買ってしまいました。

さてさて、主演のナタリー・ポートマンは常々バレリーナ顔だと思っていたのですが、今回この役のために10か月バレエの特訓をしたそうで、体つきもバレリーナになっていてすごい背中です。
顔つきがオードリー・ヘップバーンみたいになってるし。
私はバレリーナと真逆の体形なのですが、バレエを踊る人の体形が小さい頃から大好きで、芸術品を観るような感覚でいつも鑑賞します(人 ̄  ̄)

内容は、いろんなネタばれサイトがあるので割愛として・・・、これはスリラー映画として扱われているようですが、ある意味ノンフィクションな内容でもあるかと思います。
こういう芸術やショービジネスの舞台で主役を張るという人の精神状態はこういうものじゃないかと。
そうだよなぁ、台本通り、リズム通り、楽譜通りやったって、観る人は感動しないんだよなと改めて感じさせられます。
by yama-hiji | 2011-05-17 10:34 | 映画・DVD
Googleタイトルロゴ
Googleタイトルロゴが何かしらの記念日や行事で変わるのは周知のこととは思うが、私の毎日の楽しみでもある。
今朝開いた時に、おお~!とまずビックリ(この瞬間が楽しい)。
で、何の日~?とタイトルをクリックしてなるほどーとうなずく(これが2度楽しい)。
ちなみに今日はMr.men Little Missのイギリスで出版されて40周年だそうだ。
c0058445_16101939.jpg


午前中出かけた先で、iPhoneでちょっと調べ物をするために開いたら、
あれ?朝と違うー。

←さっき開いたらまた違う。

なるほど、今日はアクセスのたびに違うのね。
ふふふ♪ (3度楽しい)

c0058445_1613337.jpg


ちなみにこんな感じ(*≧m≦)

もっと違う画像もあるので気になる人は試してみて♪


MYコレクション
by yama-hiji | 2011-05-09 16:18 | etc.
2011.4.30 CATS ソワレ
ん~GWだなぁ。1・2日は休みか。休みが合わないなぁ。じゃぁ1人で出かけるか~近場にでも。
ってことで行ってきました。 CATS!

グリザベラ : 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン : 朴 慶弥
ジェニエニドッツ : 鈴木由佳乃
ランペルティーザ : 石栗絵理
ディミータ : 団 こと葉
ボンバルリーナ : 高倉恵美
シラバブ : 江部麻由子
タントミール : 滝沢由佳
ジェミマ : 小笠真紀
ヴィクトリア : 斉藤美絵子
カッサンドラ : 大口朋子
オールドデュトロノミー : 米田 優
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ : 飯田洋輔
マンカストラップ : 武藤 寛
ラム・タム・タガー : 李 涛
ミストフェリーズ : 永野亮比己
マンゴジェリー : 斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス : 岸 佳宏
コリコパット : 横井 漱
ランパスキャット : 中島康弘
カーバケッティ : 光山優哉
ギルバート : 鈴木伶央
マキャヴィティ : 川野 翔
タンブルブルータス : 岩崎晋也


最寄りの駅から1駅というところにキャッツシアターがあるというのに、そうは簡単に足を運べません。
結構いいキャストじゃなぁ~い(人 ̄  ̄).☆.。.:*・°という時でも休みが合わなかったりすると行けないし。
もちろん、今は行かなくてもいっか…(^_^;)なんて時もあるけれど。

今回はマンゴジェリーとスキンブルシャンクスはやっていたけれど、初めてタガーにキャスティングされた李さん。
55stepsでタガーナンバーを歌っていたけれどもどんな感じかしら~と楽しみにしてました。
タガー登場!    小さい・・・( ̄ー ̄;)ゞ
そうね、李さんは身長は高くないからね。 うんうん。
歌がうまいのは承知のこと。動きもキレキレ。なんだけど…阿久津タガー芝タガーと観てきた私にとって、なんか違和感を感じるのです。
すごく真面目でかっこいいというタガーというか。なんというか。 
サッカー部のキャプテンで生徒会長もやっているという感じ(例えがこれしか浮かばない)。
「暑いときには焚き火する、寒いときには裸だぜ」というタガーじゃないかな。
あまりに芝タガーが強烈なイメージで残っているからかもしれないですけど。
Wickedでのあのフィエロのセクシーさが出るともっともっといいのに~ヾ(´ε`*)ゝ

そして、ずっと見たかった永野さん♪
昨年12月からミストフェリーズにキャスティングされていたのだけれど、どうにもこうにも都合が合わずに観ることができなかったけれど、
やっとお目にかかれます。
Wickedのアンサンブルでのダンスがあまりに群を抜いて美しくって、退団した後も、あのリボンだけでも振り回しに戻ってくれないかしらと
願ったくらい。
今はフリーでコンテンポラリーダンスを踊っているので、客演で出るのも時々になるのでしょう。
永野ミスト登場!  でかっ!w( ̄△ ̄;)w
そうだよね。永野さんは背が高いものね。うんうん。
「黒くて小さい猫」とはちょっと違うかけど。
猫飼いなだけあって、メインじゃない時の細かなアドリブがほんとに猫の仕草で笑えるのです。
ジェニエニドッツのしっぽをつかんでケリケリとか、毛玉吐いてたりとか(*≧m≦)
フィッテの素晴らしさはいわずもがな。さすがダンサーでした。

今回の観劇での自分のトピックスは、カッサンドラの大口さんの動きに釘付けになったこと。
以前コーラスラインで大口さんを観たことはあったけれど、その時はそんなに印象に残らなかったのに。
ブレのないダンスがステキで、思わずキャスト表を確認し直したくらい。
それから、高倉ボンバルリーナ。いつみてもなんて美しい体のラインなんでしょう。うっとりです。
ボンバルリーナは麗子さまでしか観たことがなかったので、タントミールではない高倉さんを観るのは初めて。
お色気全開の麗子様とはカラーが違い、妖艶な感じのボンバルリーナでしょうか。

長々と書いてしまいましたが(^_^;)、いつもながらCATSはキャストが変わると印象が変わって新鮮です。

このクリスマスカーテンコール観たかったな~~~。
by yama-hiji | 2011-05-01 17:47 | 観劇