カテゴリ:観劇( 158 )
Aladdin 10月4日マチネ
c0058445_1752574.jpg
5月に開幕してから月一でチケットを確保していたのだけど、これで在庫ゼロに(ToT)/~~~
予約日に真っ先に取ったBirthday観劇。

つくづく瀧山ジーニーはすごいなと思う。
道口ジーニー、萩原ジーニーとはタイミングが合わず出会えなかったのだけれど、来年はぜひ観てみたい!
大好きなタッキーで半年間観ることができて幸せでした♪
[PR]
by yama-hiji | 2015-10-05 17:50 | 観劇
9月29日 オペラ座の怪人 マチネ 
c0058445_15414613.jpg
「オペラ座の怪人」名古屋公演で芝ファントムがデビューしました。
稽古場写真を見た時から、観たいー!と思ってました。
芝さんも念願かなってのファントムデビューですからね。
善は急げ!お休みだったので日帰りで行ってきました。
20日デビューしてから、Twitterで感想チェック。
まあいろいろとありました。
どっちかというと、厳しい意見が多いかな。
私としては感情の起伏が激しいファントムが好みなので、芝さんならそっち寄りになるのではないかと期待してたのです。

c0058445_15505891.jpg
でも、デビューして間もない芝ファントム。おとなしめです。
これまでの四季メソッドに忠実に演じている感じ。
だけどもやはり芝さんらしさもちらほら。きっとこのあたりがTwitterでの厳しい感想なのかもしれない。
だけども私は信じる! きっと芝さんはそのうち変わる!
ラム・タム・タガーをあれだけ自分オリジナルで演じる芝さんだもの。いつかはじけるはず!
クレイジーな感情ダダ漏れのファントムになって欲しい!
いろんなファントムがいて欲しいと思うので、ぜひ芝さんにはその方向で演じてくれるのを期待してます。
ということは、名古屋公演終盤にまた行くべきか? そうなりますかね(^^;

山本クリスティーヌは初めて。こちらも厳しい意見が多かったけれど、私は良かったと思うけどなぁ。
山本さんメイクが濃いのよね。FESの時もそう思った。あの困り眉も少し変えればいいのに。
(沼尾さんの時はすごく薄いメイクで、あの時はもうちょっと盛ればいいのにとも思ったなぁ)

平良さんはすごく久しぶりに観たのですが、相変わらずダンディでカッコいい。平良さんのファントムも似合うと思うんだけどな。永井さん、林さん、河村さんもお久しぶり。ああ、オペラ座に来たなという安心のキャストです。
そして、ツェザリさん、わ~鞭男似合う~~~! ナイスキャスティング♪
そうそう、名古屋公演は、会場の関係もあってセットが縮小版になっているのだけれども、ところどころ演出も違う。
いっそ新演出版で次の公演あたりからやってくれないかな~と願うのでした。
[PR]
by yama-hiji | 2015-09-29 23:40 | 観劇
9月19日 美女と野獣 静岡市民文化会館
c0058445_15161135.jpg


前日清水に泊まっていたので、次の日はお隣静岡へ。
ちょうど四季の『美女と野獣』静岡公演なのです。
そして佐野ビーストなのです♪
というわけで、3連休は観劇三昧でして、最終日はBBなのです。

静岡は『マンマ・ミーア!』で以前に来たことがあるのですが、駅前が随分と変化していてビックリ。濱田さんのドナの頃だったので、月日は経っているんだなと自分比の計算の仕方をしたりして。

苫田さんが2月からベルデビューをしているので、初めて観たのですが、ん~なんだろう?自分の中のベルのイメージではなかったかな。
ところどころにグリンダが見え隠れしている感じがあって、ちょっと違和感が。

c0058445_15271498.jpg
渋谷さんのルミエールも初めて観たのですが、こちらも違和感を覚えまして。
なんだろう初めてだからそう感じるだけじゃないのかとも思いましたが、高橋ガストンは初めてでもいいなと思えたので、初めてだからとも言い難いような。
そして、全体的におとなしめの舞台でした。佐野ビーストさえも。
どうしちゃったんだ? BBカンパニー!と幕間で思ったくらい。この感覚、札幌のオペラ座を観に行った時も感じたなぁ。
地方公演だとおとなしめになってしまうのかな。
観客が初見の人が多いから反応が少な目だからとどこかで読んだけれど、そういうものなのかな。
舞台は生ものだから、確かに反応に対して演じる側も変化するとは思うけれども。
[PR]
by yama-hiji | 2015-09-19 23:14 | 観劇
レ・ミゼラブル 2015年版見納め
c0058445_14344285.jpg
9月18日 清水文化会館マリナ―ト マチネ
今年のレミゼ見納めのために、清水まで。
以前にも書いたように、今年のレミは行けるだけ帝劇に通う!という意気込みで観てきました。
しかし、今年は吉原ジャベールにはまりすぎてしまい、名古屋にも行きましたが、どうしても吉原ジャベールの最後を見納めたいと思い、ここ清水まで。
そのため先行予約でチケットを確保していなかったので、一般発売で購入しようとしていたのですが、あぁうっかり!気づいたら5日ほど経っていまして、2階席最後列がかろうじて残っていました。良かった( ノД`)

清水マリナ―ト、いい会場です。きれいで音響が素晴らしい。
バルジャンが黄色い紙をぐしゃっと握りつぶす音が2階最後列まで聞こえます(まあ、多少はマイクに乗ったんでしょうけれども)。段差も急なので、前の人の頭が邪魔にならない。結構前のめりな人が多かったけれど、視野は遮られなくて助かりました。
唯一気になったのは、劇場の2重扉の空間が上演中でも明かりがついていること。
これだと途中入場・退場する人がいるたびに明かりが入る。
2階最後列だと全体が見える分、すごく邪魔だったのです…。

そして、吉原ジャベールはまさしく集大成。
いつも舞台のたびにいろんなお芝居の吉原さんですが、橋から落ちて消えたと同時に、すーっと見納めたって感情で落ち着いた気持になりました。
バルジャンは福井さん。2015年は4月15日のプレビュー公演を最初に観て、福井さんの復活に喜び、そして始まったので、これもまた見納めたという私の中での落ち着き。
2017年は誰が出演するのかまだわからないけれど、この作品が大好きなものとしては、今年のように夢中になれるものであって欲しいなと思うのでした。
清水に来てよかったなあと、ホテルで一人しみじみ。 
河岸の市のマグロ丼も美味しかった。
[PR]
by yama-hiji | 2015-09-18 23:30 | 観劇
アラジン 9月17日マチネ
c0058445_15485.jpg
一か月振りのアラジン。
今回も瀧山ジーニーです。
前回とそう大きくキャストは変わっていないのですが、
開幕してから4か月。
皆さん疲れも溜まってきているのではないのかしら?
アラビアンナイトの男性たちのダンスにちょっとズレが。
でもでも、いつ観ても楽しいアラジンなのです。
そして好きなキャストが多すぎる。
プリンシパルもアンサンブルも。
どの場面も釘付けになる耳福・眼福❤
[PR]
by yama-hiji | 2015-09-17 23:20 | 観劇
RENT
大好きなRENT。
大好きだからこそ期待も大きい。
だけど、なんか・・・だった。

うん、そんな感じ。
[PR]
by yama-hiji | 2015-09-12 23:46 | 観劇
8月13日 アラジン マチネ
c0058445_18202185.jpg
道口ジーニーがやっとデビューした!
怪我からの復活。おめでとう!
この日のチケットを取っていたので、道口ジーニー観られるかなぁと思っていたのですが、この前の週末に急に瀧山さんに変更になったということで、この週は瀧山さんシングルのキャストへ。
道口さんが登板していたことで、少しお休みできたせいなのか、なんだか瀧山ジーニーがパワーアップしてて、声の伸びはすごいし、間の取り方も増々イイ!
日本のジーニーを作ってみせると製作段階から息巻いていた四季さん。
ホント素晴らしいな~瀧山さん。

正木バブカップと山下オマールは初めて観ましたが、白瀬さんと斎藤さんと西尾さんのわちゃわちゃした3人組を舞台やニコ生でこれまで観てきたせいか、なんだかおとなしめに見えました。
プリンシパルだけど、出番時間自体は少ないあの3人組。コメディだから、もっとはじけてて欲しいですね。
アンサンブルもちらほら変更が。
開幕して3か月経つので、これからいろいろと変更していくのでしょうね。
茜さんの侍女、やっと観られました。かわいい~~♡
背が高くて小顔なので、結構大人っぽく見えます。肩が張っているスタイルなので、余計にそう見えるのかも。
朱涛さんのダンスはやっぱりカッコいい。女性と2人で踊る時のリードの仕方はさすが。上半身裸のことが多いんだけど、インドの修行僧のような体つきです(いい例えが…ん~細マッチョ?)。
それから、それから、アラジンは松本さんの存在がいいですよね~。
お芝居もあのパワフルボイスも。松本さんどんどんいろんな作品に出てほしい。
個人的にはオペラ座のカルロッタ希望!
[PR]
by yama-hiji | 2015-08-17 18:49 | 観劇
7月23日 アラジン マチネ
c0058445_17135868.jpg

初演キャスト版のアラジンのCDが発売されました。
開演して2日後にはレコーディングしたそうで、キャストもスタッフも開演して間もない興奮のままレコーディングに挑むなんて…イイネ!
これまでの四季のCDって、BWのカラオケにあわせて歌の収録をしたということでしたけど、どうも今回はオケも日本版のような情報が。
ノリがよくって、私も2日間聴きこんでテンションあがったまま2度目のアラジン観劇となりました。
(Wickedはオケに合わせて全体的にのんびりとした歌い方で仕上げてましたよね。残念でした。今となっては貴重なキャストです…涙)

c0058445_17203958.jpg
前回観ることができなかった初演キャストの岡本ジャスミンと牧野ジャファーと酒井イアーゴ。
岡本さんはしっとりとした感じもあって、ああ王女様なんだと実感。
牧野さんはさすがな悪役っぷり。
この日は2階にお子様が多かったようで、酒井イアーゴは子どもに大人気!
何かしゃべるたびに子どもたちの笑い声があがっていました。
そしてこの日は厂原アラジン。
島村アラジンよりもちょっと色男風な仕草w でも、キラキラした瞳にちょっと背が低いのもあって、ヤラシくならないのがいい感じ。かわいいです♪

サルタンは増田さんへ。前回の石破さんよりは王としての威厳はなさそうだけど、ジャスミンを溺愛している優しいパパな感じ。
道口さんがなかなかジーニーで登場できず、カシームにキャスティングされていた萩原さんがジーニーとしてデビューしていたりと驚きましたが、今週は瀧山ジーニー! 今回もノリノリジーニーで拍手喝采!

すごいなー瀧山さん。
アラジンが開幕してから、私のこのブログにアクセスする検索ワードが毎日‘瀧山さん’がトップに。
何回かライブのことは書いてるんだけど、なぜか初めて行ったこの時の記事がヒットするらしく、いつも閲覧されている(^_^;) なんか恥ずかしい…。
そういえば、オペラ座の怪人名古屋公演が発表になったのだけど、この調子だと瀧山さんはずっとアラジンでしょうか。秋からなんだか落ち着かなくなりそうです。
[PR]
by yama-hiji | 2015-08-10 18:07 | 観劇
BWミュージカル 天使にラブソングを…
c0058445_170794.jpg
 7月27日 シアターオーブ

昨年日本でも公演があったシスターアクト。
当初1回だけチケットを取っていたのだけど、あまりに楽しくて追加して数回足を運んだあのステージが、今年は本場ブロードウェイから来日公演。
日本版では頑なに『シスターアクト』というタイトルで通していたけど、
今回は『天使にラブソングを』と。
そのタイトルのせいなのか、昨年の日本公演が開演してから徐々に盛り上がっていき、この作品の楽しさが伝わったのか、今回の来日公演はあっという間に売り切れてビックリ。
私は先行予約で張り切って前から2列目のチケットを抑えたんだけど…。 選択ミス(*_*)
オーブはステージと1列目が近いので、見上げることになって首が疲れるんですよね。

そして、うっかりしていた字幕。
来日公演って上手下手に電光掲示板で縦書きで出るんですけど、それって前列センターだととても見づらい。
会場行ってから、そうだったーしまったー!と後悔。
もちろんストーリーは知っているし、場面でどんな会話が繰り広げられているかは日本版で観ている分わかっているのだけど、そのニュアンスの違いとか歌詞の翻訳の仕方とか気になり、首は動かさずに眼だけ横の字幕をちらりと見る。…で、すごーく疲れた。
そして感想。
ん~思ったより迫力がなかったというか。
シスターたちが楽しそうに歌う場面は、この演目ならではのハッピーな迫力があるんだけど、各ソロの場面はなんだか「?」と思うことが多かったです。修道院長は良かったんだけど、カーチスと、なんたって主役のデロリスが…。この日は調子悪かったのかしら?
TJとシスター・メアリー・パトリックは良かったな~。

来年は日本再演! 
キャストはまだ全員発表にはなっていないけれど、宮澤エマさんのシスター・メアリー・ロバートは素晴らしので、ホント楽しみ♪
[PR]
by yama-hiji | 2015-07-28 15:51 | 観劇
レ・ミゼラブル 6月14日名古屋公演
c0058445_16512030.jpg

「地方には行けなさそうだから東京で見納めしておくんだ」
と言ってたのに…。
名古屋はのぞみに乗って一駅だし、日帰り可能だし…。
で、結局行ってしまいました。自分の休みの日で吉原ジャベールを観られるのはこの日死なない!ということで決行。
マチネの福井バルジャンは売り切れだったので(もしかしたら会場で当日券あったのかもしれないけど、新幹線移動を考えると賭けには出られない)、ソワレのヤンバルジャンとの組み合わせ。
レミゼのために帝劇に通ったことは満足したのですが、吉原ジャベール見納めの日は、前の席にやたら大きな方が座り、ステージ中央が全く見えないというアクシデントがありまして、その日はとても悔しい思いをしたのです。だからリベンジという気持ち。

c0058445_16523376.jpg
中日劇場は客席と舞台が近いと
聞いていましたが、確かに!
帝劇の2階なんてほんと遠いですからね~(帝劇2階の1列目というのが3回当たった私…)。
今回2階の袖のせり出したところで観ましたけど、視野を遮るものは何もなく、
よーく観えました♪
久しぶりに観る吉原ジャベールは、この日もTheジャベールでいて、名古屋に来てよかったと実感。


ヤンさんの細かな演技のバルジャンはこの日もあたたかく最期を迎えたのでした。
ヤンさんが天に召された演技を前回いたく感動して観たのですが、この日も主を仰いでみた後に司教を再会。
この日は、中西司教が手を広げて迎え入れるような仕草をしたのですが、ヤンさんは司教にハグされる形で一歩踏み出した…。 
わ~~と涙がこぼれる私なのでした。

c0058445_16563694.jpg

名古屋、行って正解! 高島屋のレミゼの写真展もチェックし、日帰りだというのに名古屋メシも2食堪能し、
満足いっぱいで帰ったのでした。
[PR]
by yama-hiji | 2015-06-15 15:53 | 観劇