<< 2月22日 MAMMA MIA! 2月22日 猫の日 >>
オペレッタ「ボッカッチョ」
c0058445_141761.jpg
2月22日 内幸町ホール

演出/角岳史

ボッカッチョ/大山大輔
ベアトリーチェ/澤村翔子
フィアメッタ/富田沙緒里
ピエトロ/武井基治
ランベルトゥッチョ/瀧山久志
レオネット/小仁所伴紀

ヴァイオリン/内藤歌子
ピアノ/野間美希

瀧山さんのブログで紹介されてて知ったこの舞台。久しぶりにクラシックの舞台を観に行ってきました。
とはいっても、オペレッタなので、喜歌劇だし、セリフもあって気軽に楽しめる舞台です。今回の舞台はオケもなく、ヴァイオリンとピアノのみ。角さんの演出で、登場人物も6人に絞られて、舞台も14世紀というよりは現代っぽい。
フィレンツェなのに、なぜか折詰のいなり寿司食べてるし!
台本自体も大分書き換えてあるようでしたが、アドリブも結構あったかと思います。
瀧山さんのはすぐわかりましたけど(*≧m≦)

大山さんは2年前にオペラ座に客演でファントムだった時に観た以来ですが、セリフの時も良く響くいい声です。
テノールの武井さんの声も素敵ですが、なにより“変装”している姿がご本人のルックスにマッチしてて、ナイスコーディネートでした。
澤村さん富田さんのお2人は歌声は美しいのですが…なんてかわいいんでしょう。お肌ツルツルでしたよ。
瀧山さんは最年長役でしたが、ずいぶんしっくりと似合ってて。コミカルな樽屋の親父でした。
一人だけオペラ畑ではない小仁所さん(普段は時代劇や日本舞踊の分野だそう)。飄々とした使者っぷりが登場人物の中でアクセントになっていておもしろかった。

オペラ座の怪人の公演で指揮者をやっていた角さん、ファントムをやっていた大山さん、ドン・アッテーリオの瀧山さん。
オペラ座がきっかけで、こうやっていろんな舞台を楽しめるのはいいですね♪
[PR]
by yama-hiji | 2014-02-24 15:06 | 観劇
<< 2月22日 MAMMA MIA! 2月22日 猫の日 >>